前へ
次へ

魅力的にうつる不動産のシェアハウス

シェアハウスは、今も昔も相変わらず、一戸建て住宅に異なる入居者たちが共に生活をする「寮」のようなイメージの賃貸物件で、資産運用もできる不動産の一つです。
中には、完全に入居者のプライベート空間を仕切っており、リビングなし、キッチンやバスルームを使用する場合にはルールを設けるなど、シェアハウス独自の賃貸管理が徹底されている場合もあります。
一戸建て住宅でのシェアハウスでも、リノベーションしてあり、個室もプライベート空間として様々なテイストに造られていることもあります。
もちろん、格安であるシェアハウスではシンプルなデザインハウスという内容ですし、家具・家電つきというのも少なくありません。
1人が異なる家電を持ち寄るだけで、トラブルになりがちです。
ですから、専有でない設備に関しては、不動産屋が管理していることも少なくありません。
冷蔵庫や洗濯機も設置済み、気になるのはシェアするならば光熱費はどうなるのか、という点でしょう。
多くの場合、光熱費は固定されています。
一括で光熱費を管理、家賃に加えて光熱費を共益費として定額制にしています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

それでも運営者によって異なるもので、家賃に加えて光熱費と共益費をそれぞれ徴収するケースもあります。
また、寮生活のように、深夜帯に使用できないようにするパターンもマレですがあるようです。
中には、数名に限定しているシェアハウスの入居者同士で折半、という話し合いをつけさせる、こうした内容も一昔前まではありましたが、誰がどれだけ使うのかさえあやふやになり、今は固定型が採用されています。
一人暮らしをしてみたいけれど現実問題があり、断念する人にはシェアハウスが向いているかもしれません。
家具家電を持つにも、賃貸物件によっては引っ越す都度、サイズが合わなければ買い換える必要もあります。
初期費用の問題もクリアできます。
それでいて、玄関から入れば入居者がいる、安心感は初めての一人暮らしには魅力的にうつるはずです。
もちろん、個室となる専有ルームには鍵もつきます。
新築であれば、そうした魅力も最大化するのではないでしょうか。

Page Top